古美術桃青は東京・銀座にある古美術・骨董店です。古い茶道具と、仏像・仏画・経切などの仏教美術品をメイン商品としています。今回の「桃青コレクション 高麗茶碗展」は、古美術桃青が長年蒐集してきた朝鮮生まれの碗(抹茶茶碗)を一気に公開するものです。

ぜひ、ご高覧賜りたく、ご案内いたします。

                                 古美術桃青店主/冨永民雄

桃青コレクション

高麗茶碗展

高麗茶碗は朝鮮半島で焼成された茶の湯の碗です。その特長は大きく分けて、日常雑器だった碗を日本の茶人が茶の湯の碗として取り上げたものと、日本からの注文で初めから茶の湯の茶碗としてつくられたものとがあります。井戸、粉引、三島、刷毛目、呉器、蕎麦、伊羅保、玉子手、御本茶碗など多くの種類がありますが、これらの内、十数種類、40碗余を展示・販売します。下段の画像は展示品の一部です。


展覧会の概要は次の通りです。

                                                                                    [展示品数] 井戸・粉引・蕎麦茶碗など40碗余

                                                                                    [会 期] 9月22日(土)〜30日(日) 毎日11時〜18時 会期中無休

                                                                                    [会 場] 古美術桃青店内 東京都中央区銀座7-10-8 第五太陽ビル1F

                                                                                    [お問合せ] 古美術桃青 ℡03-3571-1233
                                                                                    [メール] ginzatosei@gmail.com

                                                                                    [ホームページ] http://www.ginza-tosei.com/

 

     高麗茶碗展は9月30日に終了しました。多数のお客様のご来場を賜り、厚く御礼申し上げます。

出展された茶碗は平常営業の中で販売いたします。画像をご覧になって、お問い合わせください。



 

井戸茶碗

 

今回の高麗茶碗展の眼玉です。大井戸茶碗と言ってもよいか?

現物をしっかり観察してください。


 

粉引茶碗

 

大キズものですが、碗形は珍しい。キズの状態を観て、どのくらいの値段まで買えるか十分検討してください。


 

刷毛目茶碗

 

器体の内外に刷毛で白土がたっぷりと施されています。土から鶏龍山系の刷毛目と推定されます。


 

蕎麦茶碗

 

トップの集合写真には入っておりません。茶碗の腰のあたりに膨らみのある形の茶碗を蕎麦茶碗と言います。


 

黒高麗茶碗

 

高麗時代末~李朝時代初期につくられました。トップの集合写真には入っていません。古陶磁愛好家好み。


 

古伊羅保茶碗

 

日本からの注文で焼成された伊羅保茶碗の原型。「緑青磁」とも言われます。トップの集合写真には載っていません。

 


 

絵御本茶碗

 

絵が描かれた高麗茶碗は珍しい。釜山にあった倭館の窯で焼成された茶碗です。

 

 

 

 


 

青井戸茶碗

 

青井戸茶碗は、井戸茶碗をさらに細かく分類したときの1つ。

釉調が青みががかっていることから。


 

青魚屋茶碗

 

魚屋(斗々屋)茶碗の1つ。作行が非常に丁寧で、この手の作品はいずれも名品ぞろいとの評価。


 

和手茶碗

 

 

堅手に対する語。釉調が滑らかで、玉子手とも言います。口当たりがとてもよい茶碗です。


 

茂三茶碗

 

高麗茶碗に個人名がついた茶碗の一つ。その名は中庭茂三。17世紀中ごろ、釜山の倭館窯で焼かれました。


 

半使茶碗

 

半使は朝鮮使節団の通訳を指す名称で、団が持参した茶碗。判司・判事・判洲とも書かれます。


 

熊川茶碗

 

腰は丸く、口縁は端反り、見込に鏡落ちがあり、朽葉色の釉薬が特徴。普通は土見せだが、これは総釉。


 

蕎麦茶碗

 

通常見られる蕎麦茶碗とは形が異なりますが、箱書きに従いました。

銘:常盤井


 

井戸茶碗

 

口径が13.3cmの小振りな井戸茶碗。小井戸茶碗といってもよいか。銘:北辰。


 

粉引平茶碗

 

夏用の平茶碗ですが、伝世の味わいがバッチリ。平盃にも利用できます。銘:柳陰


 

井戸茶碗

 

口径12.4cmの小服茶碗。全体にビワ色。実物の釉調は画像より艶やか。


 

三島茶碗

 

整然とした極めて細かな象嵌が施されています。李朝時代初期に上る秀作です。


 

黄伊羅保茶碗

 

伊羅保茶碗のうち、黄釉が掛けられた茶碗。17世紀に焼成されました。

 


 

井戸茶碗

 

韓国の著名陶芸家・茶碗作家であり、細川護熙元首相の陶芸を指導した閔泳麒先生の鑑定。


以上、20碗を紹介しました。モニターと現物の色に大きな違いがあることをお断りしておきます。

ここに掲載できなかった20碗余は展覧会場でご覧ください。