古美術桃青は東京・銀座にある古美術・骨董店です。古い茶道具と、仏像・仏画・経切などの仏教美術品をメイン商品としています。今回の「桃青コレクション 高麗茶碗展」は、古美術桃青が長年蒐集してきた朝鮮生まれの碗(抹茶茶碗)を一気に公開するものです。

ぜひ、ご高覧賜りたく、ご案内いたします。

                                 古美術桃青店主/冨永民雄

桃青コレクション

高麗茶碗展

高麗茶碗は朝鮮半島で焼成された茶の湯の碗です。その特長は大きく分けて、日常雑器だった碗を日本の茶人が茶の湯の碗として取り上げたものと、日本からの注文で初めから茶の湯の茶碗としてつくられたものとがあります。井戸、粉引、三島、刷毛目、呉器、蕎麦、伊羅保、玉子手、御本茶碗など多くの種類がありますが、これらの内、十数種類、40碗余を展示・販売します。下段の画像は展示品の一部です。


展覧会の概要は次の通りです。

                                                                                    [展示品数] 井戸・粉引・蕎麦茶碗など40碗余

                                                                                    [会 期] 9月22日(土)〜30日(日) 毎日11時〜18時 会期中無休

                                                                                    [会 場] 古美術桃青店内 東京都中央区銀座7-10-8 第五太陽ビル1F

                                                                                    [お問合せ] 古美術桃青 ℡03-3571-1233
                                                                                    [メール] ginzatosei@gmail.com

                                                                                    [ホームページ] http://www.ginza-tosei.com/



 

井戸茶碗

 

今回の高麗茶碗展の眼玉です。大井戸茶碗と言ってもよいか?

現物をしっかり観察してください。


 

粉引茶碗

 

大キズものですが、碗形は珍しい。キズの状態を観て、どのくらいの値段まで買えるか十分検討してください。


 

刷毛目茶碗

 

器体の内外に刷毛で白土がたっぷりと施されています。土から鶏龍山系の刷毛目と推定されます。


 

蕎麦茶碗

 

トップの集合写真には入っておりません。茶碗の腰のあたりに膨らみのある形の茶碗を蕎麦茶碗と言います。


 

黒高麗茶碗

 

高麗時代末~李朝時代初期につくられました。トップの集合写真には入っていません。古陶磁愛好家好み。


今後、順に展示品の画像をアップしていきます。